2019−20年度
国際ロータリー会長メッセージ

2019−20 年度 国際ロータリー会長 マーク・ダニエル・マローニー

ロータリー:ロータリーは世界をつなぐ

ロータリーの礎は「つながり」です。若い弁護士としてシカゴにやって来たポール・ハリスがロータリー を創設した最大の理由、それは見知らぬ街でほかの人たちと「つながる」ことでした。それから 1 世 紀 以 上 が 経 っ た 今 、私 た ち の 周 り に は 、ポ ー ル ・ ハ リ ス の 時 代 に は 想 像 も で き な か っ た よ う な 友 情 とネットワークを築くための方法が数多く存在します。それでも、ロータリーにおける「つながり」は 独特であり、ほかに類を見ません。

国 際 ロ ー タ リ ー に は 、地 域 社 会 と つ な が り 、職 業 の ネ ッ ト ワ ー ク を 広 げ 、強 く て 末 永 い 関 係 構 築 が できる確固とした使命と構造があります。会員による数多くのプロジェクトやプログラム、ポリオ撲 滅活動におけるロータリーのリーダーシップ、国連との協力などを通じ、私たちはグローバルコミュ ニ テ ィ と つ な が っ て い ま す 。私 た ち の 奉 仕 活 動 は 、同 じ 価 値 観 を 共 有 し 、よ り 良 い 世 界 の た め に 行 動したいと願う人びとの結びつきをもたらします。また、ロータリーがなければ出会うことがなかっ た人びと、共通の考えを持った人びと、私たちの支援を必要とする人びととつながり、世界中の地域 社会で人生を変えるような活動を行うことを可能にしています。

21 世紀の新たな 10 年の始まりに、私たちはロータリーの未来を形作っています。2019-20 年度、ロー タリーは新しい戦略計画を実行に移し、規定審議会が採択した革新性に応え、より活性化された 重点分野において活動します。しかし、ロータリーの未来を形作る本当の場所はクラブです。刻々 と変化する現実に対応するために、ロータリーはクラブに注力していかなければなりません。

クラブはロータリーでの経験の中心部ですが、今ではクラブのあり方をより創造的かつ柔軟性をもっ て 決 め る こ と が で き ま す 。こ れ に は 例 会 の 方 法 や 、何 を も っ て 例 会 と す る か を 検 討 す る こ と も 含 ま れます。会員増強のアプローチにおいては、組織立った戦略的・革新的な方策が必要です。そうす ることで、地域社会とのより広く、深いつながりができるだけでなく、より多様な会員に魅力を感じ てもらい、積極的な参加を促すことができるでしょう。

実際のところ、ロータリーは家族です。そうであるにも関わらず、会員組織の構造やリーダーシップ の要求などがあることで、今日の若い職業人にとってはロータリーが手の届きにくい存在となって いるようです。ロータリーは、家族との時間を犠牲にするのではなく、家族との時間を補うような経 験を提供する場である必要があります。クラブが温かく、みんなを受け入れるような雰囲気があれ ば 、家 族 と 奉 仕 活 動 は 両 立 で き 、家 族 志 向 の 若 い 職 業 人 に ロ ー タ リ ー 奉 仕 や 市 民 と し て の 参 加 の 機 会 を 提 供 で き ま す 。ま た 、ロ ー タ リ ー の 役 職 に 対 す る 期 待 事 項 を 、多 忙 な 職 業 人 に あ わ せ て 現 実的かつ管理可能なものとすることで、将来ロータリーのリーダーとなる次世代のロータリアンの スキルを高め、ネットワークを築くことができるでしょう。

2019-20 年度には「ロータリーは世界をつなぐ」のテーマの下、ロータリーの奉仕を通じて、有能で 思慮深く、寛大な人びとが手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いてまいりましょう。

2019−20 年度 国際ロータリー会長 マーク・ダニエル・マローニー

略歴

マーク・ダニエル・マローニー

2019-20年度会長

Decatur ロータリークラブ アラバマ州(米国)

税 法、 遺 産、 農 業 法 を 専 門 と す る Blackburn, Maloney, and Schuppert法律事務所の社長であるマローニー氏は、米国南東部・中 西部の大手農場経営者の顧問弁護士であるほか、米国弁護士協会の農業 関係委員会の委員長を務めています。また、米国弁護士協会とアラバマ 州弁護士協会、アラバマ州法律協会の会員です。 地元ジケーターでも熱心に活動し、自身が所属する教会の財務委員 長と地元カトリック学校理事長のほか、Community Foundation of Greater Decatur会 長、Morgan County Meals on Wheels会長、United Way of Morgan County理事、Decatur-Morgan County商工会議所の所長を務めています。

1980年にロータリークラブ入会し、以来、RI理事、財団管理委員と服管理委員会、ジョナサン・マジィアベ2003-04年度会長のエイドを務めました。また、規定新議会の議長の副議長、運営議事手続きの専門家、研修者のほか、2004年大阪国際大会委員会のアドバイザー、2014年シドニー国際大会の委員長も務めました。

ガバナーとなる前には、研究グループ交換のリーダーとしてナイジェ リアに赴いた経験もあります。 ロータリー財団関連では、未来の夢委員長、ロータリー財団地域コー ディネーター、財団研修セミナーのモデレーター、恒久基金米国アドバ イザー、平和センター委員、WASH(学校での水・衛生)委員会のア ドバイザーを歴任しました。 同じ法律事務所の弁護士であり、ジケーター・ロータリークラブの元 会長でもあるガイ夫人とともに、ポール・ハリス・フェロー、メジャー ドナー、遺贈友の会会員となっています。